SD Association

 

 

ホーム » ユーザー向け

現在から未来へ、デジタルライフスタイルの懸け橋となるSD規格

SD Standards Bridge Your Digital Life Style

今日のデジタルライフスタイルにおいて、ユーザーはどのSDメモリーカード製品をどのような用途に使用しているのでしょうか。またSDXC製品の見通しについても意見を伺いました。

SDメモリーカードなら、
利便性が高く持運び可能。貴重な瞬間を簡単に記録できます。

ホスト機器がSD規格を採用すれば、SDメモリーカードに思い出を即座に記録していつでもどこでも再生できます。週末の休暇先で写真を撮影、タブレットで音楽を聴いたり、子供が初めて歩いた瞬間をスマートフォンで記録したりなど、どのような場合でも、SD規格はお使いの電子機器の性能を最大限に引き出します。

実際、SDメモリーカードを使用すればお使いのデバイスを買い換えることなく容量や機能を拡張できるので、コスト削減につながるとともに無駄なごみを減らすことができます。携帯電話、デジタルカメラ、タブレット、コンピュータ、プリンタ、カーナビ、電子ブックリーダーなどの個人ユーザー向け電子機器をお持ちなら、そのほとんどでSD規格が使用されています。SD規格は、数百ものブランドの数千種類に及ぶホスト機器で採用されています。

SDメモリーカードは、ホスト機器が動画や写真、音声を記録、共有するのに適切なメモリー容量とスピードの規格を採用して設計されます。SDアソシエーションでは、デバイスに応じた適切なカードをご選択いただけるよう、用途および機能別の規格体系を提供しています。SDファミリーには、記憶容量と読み書き速度に応じて複数の規格が用意されています。