SD Association

 

 

ホーム » ユーザー向け » スピードクラスと利点について

SDスピードクラス/UHSスピードクラス

様々な高速性能の選択肢

スピードクラスには、「スピードクラス」および「UHSスピードクラス」の2種類があります

フラッシュメモリーの特質として、実際の転送速度にばらつきがあります。ビデオなどのストリーミングコンテンツでは一定した書込み速度が求められるため、フラッシュメモリーの速度にばらつきがあると確実な録画に支障が出ます。スピードクラスおよびUHSスピードクラスでは、最低限の書込み能力を設定することでビデオ録画に必要な一定の速度を実現します。これにより、SD規格で定められた条件ごとの書込み動作が実行され、カムコーダー、ビデオレコーダーおよびビデオ録画機能を備えたその他のデバイスに対して一定の最低速度での書込みが保証されます。

スピードクラスは、Class 2、4、6、10で表示され、通常モードおよびハイスピードBusインタフェースモードに設定されています。UHSスピードクラス1は、UHS Busインタフェース用*に設定されています(スピードクラスとUHSスピードクラスには互換性がありません)。

*UHS(Ultra High Speed)は、現在利用できる最高速パフォーマンスのカテゴリです。Busインタフェースのスピードは最大312メガバイトに定義されています。

  マーク 動作するインタフェース 用途 SDメモリーカード
スピードクラス 10 ハイスピードBus I/F フルHDビデオ録画
HD静止画連続録画
SD, miniSD, microSD
SDHC, miniSDHC, microSDHC
SDXC, microSDXC
6 4 標準Bus I/F HD~フルHDビデオ録画
2 SDビデオ録画
UHSスピードクラス 1 UHS-I Bus I/F リアルタイムの番組録画および大容量のHDビデオの取込みに高速処理に対応 SDHC UHS-I および SDXC UHS-I

Busスピードについて