SD Association

ホーム » 開発者向け » SD規格の概要

SD規格の概要

SD規格には、SD、SDHCおよびSDXCの3種類の容量帯による形式があります。それぞれの形式では多様な速度のオプションが用意されているので、メーカーは様々なニーズに対応した製品を柔軟に開発することができます。またSD規格は、複数のデバイス間や将来のアプリケーションのサポートに必要な広範な相互運用性と互換性を備えています。

SDXCメモリーカード:大記憶容量

SDXC(Extended Capacity)メモリーカード規格は、32GB超から2TBというこれまでにない膨大な記憶容量によって、ユーザーのデジタルライフスタイルを劇的に向上させます。SDXC規格を使用すると、タブレットからカメラ、カムコーダー、TV、HDDレコーダーやプレーヤー、PND(ポータブルカーナビ)および携帯電話などの電子デバイスに、これまでには考えられないほど多くのコンテンツをダウンロードできます。またUHSを搭載したSDXCメモリーカードは、これまでよりも高速なデータ転送が可能です。なおUHS規格はSDHCとSDXCに適用されています。

SDファミリー

SD規格構成: